2017年2月13日月曜日

四季折々のカナディアンロッキーの魅力

自然に包まれたカナディアンロッキーは、季節折々の表情をみせてくれます。




 春
 4月は見渡す限り白銀の世界。
真っ白な雪が、岩肌をより美しく際立たせます。


 5月に入るとようやく春を迎えます。
硬く凍り、雪に覆われてわれていた湖が徐々に
姿をあらわします。

 野生動物たちの行動も活発になります。

 北緯51度に位置するバンフ、レイクルイーズは
春の訪れが遅く、日本では3月に見られるタンポポが、
5月中・下旬に咲きます。


 6月は気温もぐっと上がり、中旬には
カナディアンロッキーのほとんどの湖が解けます。
湖の色が最も美しいのもこの時期です。


 

 野生の花も多く見られるようになります。





 夏
 アクティビィティーやアウトドアを
朝から晩まで快適に楽しめる最高の季節。
 
 特に7月は原生種の花に囲まれながら
ネイチャーウォーク、ハイキングや
カヌー、乗馬が楽しめます。

 大自然を思う存分満喫するには
おすすめの時期です。














 9月中、下旬は黄葉の美しい時期。
黄金色に輝く落葉松(からまつ)の
中のハイキングも格別です。
落葉松の林と、背景に広がる雄大な
大自然の景色に感動しない人はいません。










 10月に入ると冬の始まり。気温はぐっと冷え込み、
日中の平均気温は10度弱。
それでも、湖はまだ凍らず、雪山と湖という、
冬と夏の景色を同時に見られる限られた時期です。










 11月の初・中旬には湖の表面に氷が張ります。
雪が降り始めると、山々は美しい雪化粧を
ほどこし、湖は巨大な雪原に姿をかえます。




 12月中旬からはスキーシーズン到来です。
スキー場は、バンフから車で1時間圏内に4つあり、
その内3つがバンフ国立公園の中にあります。
また、ノルディックスキーやスノーシュー(かんじき)を
楽しむことのできるコースも無数にあります。
スキーシーズンは、4月下旬まで続きます。

カナディアンロッキーは、ウィンターアクティビティーの
宝庫でもあります。