2017年2月13日月曜日

レイクアグネスとプレイン・オブ・シックス・グレイシャー


カナディアンロッキーの人気ハイキングコースを紹介します。
世界遺産にも指定されているカナディアンロッキーの大自然。
ぜひ皆様もご自分の足で絶景を探してください。


レイクアグネスとプレイン・オブ・シックス・グレイシャー

歩行距離と標高差
トレイルヘッドと最高標高点の標高差は約500メートル。
歩行距離は約17キロメートル。

コースの特徴
レイクルイーズからレイクアグネス経由で
約2時間をかけ最高点のビッグ・ビーハイブの
ピークまで最初にいっきに登ります。
展望台でのんびりした後、プレインオブシックスグレーシャーに
向かいます。そこからの道のりにも登りはありますが、基本的に
はなだらかな下り道です。
しかし他のコースに比べて歩行距離は約17キロメートルと長く、
1日かけてじっくり歩くハイキングコースです。

出会うチャンスのある動物
リス、マーモット、大角羊、鱒、ホースバックライディングの馬、
ロッククライミングをする人々等

野生植物の植生(時期限定)
標高としてはサブアルパインからアルパインエリアの花が
見れますが、氷河の影響の強い場所にあるコースのため比較的
花は少ないです。

行程
レイクアグネス&ビッグビーハイブと、プレーンオブシックス
グレイシャーのどちらか一方を訪れることもできます。
どちらかというとその方が一般的かもしれません。

今回はこのふたつの目的地を結んで、往路と復路でループ状に
異なるトレイルを利用し、ガッツリ歩いてきました。

前半は大きくジグザグに切られたトレイルを上がり
ミラー・レイク経由でレイク・アグネスへ。
レイク・アグネスを楽しみながら湖畔沿いに反対岸までゆき、
そこから急登坂を頑張って上りビッグ・ビーハイブの上へ。





ビッグ・ビーハイブを尾根沿いに歩くと、遠くまで見渡せる
見晴小屋があります。
レイクルイーズやフェアモント・シャトーレイクルイーズを
上空から見ることができます。




中盤はビクトリアグレーシャーのサイドモレーンを氷河に向かって
歩きます。
氷河の影響によりつくられた雄大で荒涼とした世界をゆきます。
巨大な岩の塊や、種類のことなる氷河をいくつも楽しめます。





後半は氷河の解け水がなした源流とレイクルイーズ湖畔を
歩きトレイルヘッドへ戻ります。
目の前に広がるレイクルイーズ、遠くに見えるフェアモント
シャトーレイクルイーズを眺めながらのんびりと歩く平坦な
道は、ハイキングの疲れを癒してくれます。




ご注意:JTBでご案内しているハイキングツアーでは、
歩行距離が長いことなどから、ここでご案内している
ハイキングは設定にございません。