2017年2月13日月曜日

冬のカナディアンロッキー最大の呼び物 ”アルペンスキー”
















この時期(冬期)のバンフの町の気温は、日中マイナス6℃、
夜間マイナス10℃が平均で、近隣のスキー場は、
本格的なシーズンに突入しています。広大なカナディアン
ロッキー・スキーリゾートの始まりです!

今年は例年に比べ降雪量が多く、素晴らしいシーズンの
スタートを切っています。

カナディアンロッキーのスキー場のお勧めポイントは、
その広さと雪質、そして、滑走しながら眺める素晴らしい
景色です。

スキー場の広さを簡単に説明しますと、ここのスキー場で
1日で滑る距離は、日本のスキー場で3日間滑る距離に
等しいです。

初日に無理をして滑ると、筋肉痛で2日目以降滑れなく
なりますのでご注意ください。

雪質は上質のパウダースノー(粉雪)で、乾燥した空気と
気温の低さの度合いで決まります。

カナディアンロッキーは、一番近い海(太平洋)から
約800キロ離れた内陸にありますが、バンフ国立公園は、
その東側に位置しており、海からの湿気をロッキー山脈が
遮断することからとても乾燥しています。

また、バンフ近郊のスキー場は日中もほぼ氷点下のため、
上質のパウダースノー(粉雪)が降る条件にマッチしています。 

氷点下での滑走も湿度が低いことから体感温度はそれほど
低くなく、快適なスキーが楽しめます。

景色は、もちろんカナディアンロッキーの絶景を堪能して
いただきます。スキー場からは、どこまでも続く白銀の
カナディアンロッキーの姿を楽しむことができます。


バンフ近郊の主要スキー場を紹介します






















・バンフ・マウント・ノーケイ スキー場
バンフの町から車でわずか15分のスキー場です。
敷地が小さく標高が低いことから雪質はあまり良く
ないのですが、対外的に上級者向けの急斜面コースが
有名で、地元の人々に大変親しまれているローカル
スキー場です。

子供や初心者のためのスキーレッスンが充実しており、
週末はレッスンを受けるスキーヤー/スノーボーダーで
賑わいます。
 
バンフの町や町を囲む山々を一望することができ、
バンフの町から近いので気軽に半日スキーがしたい
というお客様にお勧めです。























・サンシャイン・ビレッジ スキー場
95%ナチュラル・スノー(天然雪)のスキー場です。
標高が高く、プロスキーヤー達も絶賛の雪質。
新雪のパウダースノーを最優先して、降雪の
あった日はあえて圧雪をしません。
 
中・上級者向けの斜面が80%を占めます。
中・上級者のスキーヤー/スノーボーダーにお勧めです。
森林限界を超えた標高のゲレンデはワイドオープンで、
スキーをしながら白銀のロッキー山脈を一望することが
できます。









 












・レイクルイーズ スキー場
日々、主だった斜面はしっかりと圧雪され、日本人の
スキーヤー/スノーボーダーに大変人気のあるスキー場です。

スキー場の敷地面積は北米のスキー場でも1、2を争う
広さで、最長滑走距離は8000メートルに達します。

レイクルイーズと湖を囲む山々の景観が自慢のスキー場で、
初心者から上級者まで幅広く楽しめるのも魅力です。



要チェック!お勧めポイント

・バンフの町からはシャトルバスが上記3つのスキー場へ
定期運行されており、送迎バス付き共通リフトチケットも
販売されております。

山頂で繋がってる3つのスキー場を滑ることが出来、送迎も
付いた便利なチケットです。



・冬季期間もバンフの空の玄関、カルガリー空港と成田の
直行便が就航していますので、アクセスがとても便利です。

・初心者の方でも景色を楽しみながら滑走できるコースが
充実しています。
バンフの町は、治安もよく安全・安心の快適滞在が可能です。

0 件のコメント: