2017年2月13日月曜日

カナディアンロッキー通信 - ホームページ

ホームに戻る



写真:サルファー山から望むバンフの町と山々




ごあいさつ


現地情報:
現在の天気と天気予報
バンフの日照時間
夏の服装と気候
カナディアンロッキーの地図と距離一覧表
現地及びカナダ各地の時間
夏時間(デイライトセービング)

現地アクティビティー情報:
バンフゴンドラ
コロンビア大氷原雪上車観光


写真:カナディアンロッキーの宝石と呼ばれるレイクルイーズ


写真で紹介!おすすめ現地ツアー:
コロンビア大氷原1日観光
ヨーホー国立公園とモレーン湖1日観光


特集:
湖のとけている時期と凍っている時期
四季折々のカナディアンロッキーの魅力
多彩な表情を見せる自然 モレーンレイク
カナディアンロッキーの誇る、ハイキングコース
のんびりできる湖「エメラルドレイク」
豪快に流れ落ちるタカカウの滝


写真:バンフ国立公園のボウ谷とボウ川


話題:
カルガリーで発行されている日本語情報誌
カナディアンロッキーフォトグラフ
狼に遭遇
雪崩防止対策 - アバランチコントロール


ホームに戻る

ごあいさつ

自然は、大きく、美しく、そして壊れやすいもの。


カナディアンロッキー山岳公園郡の魅力

 北アメリカ大陸、カナダのロッキー山脈、通称、
カナディアンロッキーの主要地域は、カナダ政府が
管理する国立公園や、州が管理する州立公園に指定
されています。

 特にその中でもバンフ国立公園は、世界でも
有数の景勝地で、夏の時期を中心に、世界中から
沢山の観光客が訪れます。

氷河がつくる自然の美

 バンフ国立公園システムと公園内の観光ビジネスは、
「人間と、人の手の入っていない自然の共存」を実践
しており、多くの国から視察なども参ります。

 具体的には、国立公園制度の下、国立公園内の
自然の営みや天然資源の保護、また損なわれてしまった
生態系の調整と回復を最優先事項に掲げ、後世まで
自然をそのままの姿にとどめるための様々な努力が
行われています。

 皆様も、ぜひ、この美しい大自然の中にお越しください。
そして、カナディアンロッキーを体感してください。
大きな感動が待っています。

J-Station Banff 所員一同

現在の天気と天気予報




カナディアンロッキー地区の、現在の天気と天気予報です。
以下の地名をクリックしてください。
英語のサイトですが、週間天気予報や予想気温、また、
日照時間などがわかります。

バンフ
レイクルイーズ
コロンビア大氷原
カルガリー

ジャスパー
エドモントン


※気象観測地が広域に限られた数しかなく、また、山岳地帯で
あることから天気の予報はあまり当てになりませんが、
予想気温は参考になります。

皆様のカナディアンロッキーのご滞在が、天気に恵まれることを
お祈りしております。

バンフの日照時間



カナディアンロッキー地区、バンフの日照時間を
ご案内します。

通年の日照時間は世界中どこも一緒ですが、
緯度が高くなるほど季節による日照時間の開きが
大きくなります。

北緯51度に位置するバンフでは、夏至(最も昼の
長くなる日)の日照時間が約16時間35分で、
日の出が5時30分頃、日の入りが22時頃です。
トワイライトを含めると、バンフの夏至の日は、
朝4時前から、夜10時30分過ぎまで明るいです。

また、冬至(最も昼の短くなる日)の日照時間は
約7時間52分。日の出が8時45分頃、日の入りが
16時30分頃です。
冬至の日は、トワイライトを含めても朝8時
過ぎから夕方17時過ぎの9時間以外は真っ暗です。

日本(北緯36度)では、夏至(最も昼の長く
なる日)の日照時間が約14時間30分。
冬至(最も昼の短くなる日)の日照時間は、
約9時間30分です。

これが北極圏(北緯66度33分)になると夏至が
24時間、冬至は0時間です。


バンフの夏のシーズンでは、日本より日の
長ーい1日をゆっくりお楽しみください!

夏の服装と気候


美しい大自然は、厳しい気候の中にあります。

大陸性気候のカナディアンロッキーは、湿度が低く、そして寒暖の
差が大きいです。真夏でも朝方、夕方、また天気がよくない寒い日は
最高気温15度くらいです。
一方、天気がよければ、昼過ぎには25度を越します。日本でいうと、
夏の軽井沢の気候によく似ていると言われますが、気温はもう少し
低くなることがあります。また、移動距離が大きいこと、山岳地で
あることから、天気の移り変わりが大きいです。

1日中外出をする方は、どのような天気にも対応できる服装を準備すると
いいでしょう。重ね着が基本となりますが、日差しがきつい割りに風は
冷たいので、薄手の風を通さない上着、ウィンドブレーカーや
フリースが便利です。暖かい時には、長袖の木綿のシャツや
サマーニットが快適です。高温多湿の日本にはあまり向きませんが、
湿度が低いこちらではおすすめです。

ハイキングやトレッキングをする場合の服装も注意が必要です。標高
1500m以上の山岳地では、夏でも雪が降ることがあります。
ハイキング用の靴、雨具及び風除けジャケット(ウィンドブレイカー)、
帽子(キャップやハット、ニット帽など)、手袋、リュックサック、
フリース及びセーターなどの防寒具、ご自身の常備薬をご用意ください。
また、あると便利なものは、双眼鏡、サングラス、ストック、余分の水、
海外旅行傷害保険。 時期により、虫除けや、サンブロックの対策も
お忘れなく。

また、カナディアンロッキーはとても乾燥しており、さわやかな夏で
気持ちがよく、とても過しやすい所です。衣類は洗濯して部屋に干して
おけば、たいていのものは翌朝にはパリパリに乾きますが、時には
皆さん自身も乾燥しがちになります。特に女性やお子様は、
保湿クリームや水分の常備をお勧めします。


現地には、現在の天気と天気予報を必ず確認してからお越しください。

カナディアンロッキーの地図と距離


カナディアンロッキーの空の玄関は、アルバータ州の
カルガリー空港とエドモントン空港の2ヶ所です。
おすすめはカルガリー空港まで飛行機を利用し、
バンフまたは、レイクルイーズに滞在します。
カルガリー空港からバンフ、レイクルイーズまでは
空港送迎バスで移動します。

滞在日数は、少なくとも2泊3日。
できれば3泊4日以上がおすすめです。

以下、カナディアンロッキー地区の距離一覧表と地図です。
図をクリックすると拡大してご覧になれます。

カナダは世界で2番目に大きな国で、カナディアンロッキーの
あるアルバータ州だけでも、なんと日本の約1.8倍です!





カナディアンロッキー観光マップ


各地の時間

カナダ各地の時間

カナダは日本の約28倍の国土面積を持ち、世界で2番目に大きな国です。
国土が東西にひろがるカナダでは、なんと同じ国の中に6つの時間帯が
あります。つまり、同じ国内で最大4.5時間の時差があるのです。

以下、各地の現在の時間です。
注:同色の表示は同じ時間帯です。
注:各時間帯の日本との時差のカッコ内は夏時間導入時。

北米山岳時間 - 日本との時差は-16時間(-15時間)
サスカチワン州/アルバータ州/ブリティッシュコロンビア州の一部
/ノースウエスト準州

北米太平洋時間 - 日本との時差は-17時間(-16時間)
ブリティッシュコロンビア州(一部を除く)、ユーコン準州

北米東部時間 - 日本との時差は-14時間(-13時間)
サンダーベイより東のオンタリオ州のほぼ全域/ケベック州西部

北米大西洋時間 - 日本との時差は-13時間(-12時間)
カナダの大西洋沿岸州のほぼ全域/ケベック州東部

その他
北米中央時間 - 日本との時差は-15時間(-14時間)
マニトバ州/ヌナブット準州/オンタリオ州一部

北米ニューファンドランド時間
- 日本との時差は-12時間30分(-11時間30分)
ニューファンドランド島/ニューファンドランド州の一部